採用情報 / 人材育成

採用トップ →新卒採用 →キャリア採用 →グループの新卒採用 →契約社員 →学生アルバイト →各分野からのメッセージ  →先輩社員紹介
採用に関するお問い合わせ  →障害者のかたへ 

PAGE TOP

人を育てる日建設計

日建設計には建築家・デザイナー・エンジニア・プランナー・コンサルタント等が数多く在籍し、それぞれの専門分野のプロフェッショナルとして誇りをもって日々活動しています。第一級の専門家であり続けるには一人ひとりが日々研鑽、努力することが不可欠ですが、同時に人の成長には周りの支援、理解も欠かせません。当社では「人」・「仕事」・「研修」という3つの観点で人材育成をとらえ、職員一人ひとりがお互いの成長をサポートしあえる仕組みを構築しています。

「人」によって育つ

もっとも根源的な人材育成として、組織に属する先輩、上司、同僚、後輩との切磋琢磨、コミュニケーションを通じて、教えられ、気づかされ、また精神的な支えを受けて育ちます。人的つながりの拡大を目的としてジョブローテーションを積極的に行います。
先輩社員紹介

「仕事」によって育つ

普段の仕事において、自らの現在のスキルより高いレベルの仕事や関係する領域の仕事にチャレンジし、これを乗り越えることで育ちます。また、実際の業務で接するクライアント等との関わりを持つことで育ちます。
キャリア形成チャンスの増大を目的としてジョブローテーションを積極的に行います。 
ジョブローテーションによる人材育成

「研修」によって育つ

役職や入社年次によって実施する全社研修、部門ごとに開催される様々な専門技術研修は約170講座を超え、それぞれのレベルに応じた専門知識、ノウハウをタイムリーかつ効率的に習得することによって育ちます。
また、他部門の研修を受講することも可能で、より多角的な視野を持つスペシャリストの育成支援にもつながっています。
日建設計の研修一覧

PAGE TOP

ジョブローテーションによる人材育成

ジョブローテーション方針

本格的なグローバリズムの到来等、社会環境の変化に対応するために、専門部門や会社、地域の枠組みを越えて、多様なキャリアを経験することで、一つの視点に捉われない、多角的視点を持った人材を育成するために、ジョブローテーションを積極的に実施する。
また、コンサルティングサービス・海外・新規ビジネス等に対応できる人材を育成するために、ジョブローテーションを積極的に実施する。

ジョブローテーションの目的

1)新人研修
・初期育成のために新卒採用者などに他分野の経験をさせる。

2)中堅人材育成
・他部門、他地域、他社でのキャリア機会を増やし専門領域の複線化、多能化を
 進めることにより、単能的な人材からオールマイティな技術者へ転換を進める。
・コンサルティングサービス、海外、新規ビジネスに対応する人材を育成する。
・BIMの浸透による設計監理プロセスの改革に対応する人材を育成する。
・ジョブローテーションの経験を課長・管理職への昇格要件と位置づける。

3)プロフェッショナル人材育成
・専門領域を活かした人材の活用や専門分野のエキスパートを育成するために他分野に異動する。
・LCD(ライフサイクルデザイン)に関わるキャリアを備えたオールマイティな人材育成を図る。

4)幹部人材育成
・マネジメントを担う人材の育成のために、他部門の経験を積み重ねる。
・LCD(ライフサイクルデザイン)に関わるキャリアを備えたオールマイティな人材育成を図る。

PAGE TOP

日建設計の研修一覧

全社研修一覧

部門研修一覧

PAGE TOP

日建グループ ヘルスポリシー since2012

日建設計は人が財産の会社です。「価値ある仕事によって社会に貢献する」という企業理念のもと、プロフェッショナル集団として活き活きと日々の活動を行うために、職員一人一人の健康がとても大切だと考えています。2012年より ヘルスポリシー「Being a Healthy Company~価値ある仕事は健康から~」を掲げ、職員の健康自律を促すさまざまな健康増進施策を展開しています。2017年には「健康デザイン2017-2020」を策定し、健康指標に対する具体的な数値目標設定とその達成状況を可視化することにしました。経年で健康増進施策の有効性を見直すことにより、職員の一層の健康度向上を目指しています。