レポート

美しい緑に包まれる美の館
 ポーラ美術館

敷地内はもとより、
周辺の森や里山の植生と連携させ、
和合させることは、
地域の環境形成を改善し、
木々の生命力を高めます。

既存の環境の維持を図り、
新たに樹木を植えて環境改善し、
更に広域の自然と連携していくことで、
風も呼びこみます。        

ポーラ美術館

この美術館を計画するにあたり、周辺の自然環境をいかに守り共存するかが10年にわたるプロジェクトのテーマでした。はじめに敷地内の動植物の詳細調査を1年間行いました。建物は、谷筋を避け、特にブナがすべて保全できる位置に、目立たないよう配置しました。大部分が地下化される美術館の下部構造は、水圧に最も強いすり鉢状の形状とし、周辺の地下水脈の流れを分断することがないよう配慮しています。
周囲の森への影響を軽減する策としては、水噴霧による空調排気温度低減、屋上スプリンクラーによる屋根輻射熱の低減等を試みています。周辺の自然がよりふさわしい状態となるよう、外部の遺伝子を持ち込まず、この地域に自生する植物のみを植栽しました。さらに、敷地内のヒノキ植林を伐採し、そこへ敷地内から採取した種を育てた数千本のポット苗を植え、潜在植生への林相転換も試みています。この中には、7年に一度しか種子の採取ができないブナの苗木も含まれます。森を再生する試みは、建主の強い意志と熱意のもと、竣工後も地道に続けられています。自然な肌合いのコンクリートPC板の外壁と、自然石の屋根で低く抑えられた建物は、竣工3年を経過し次第に周辺の緑へ溶け込んできています。カフェでは、大きなガラス窓が風景を切り取り、刻々と表情を変える美しい森に包まれていることが実感できます。

筆者:神成 健(元社員)
(総括:林昌二/三浦明彦 担当:安田幸一 意匠担当:神成健/西岡理郎)

▲断面図。すり鉢状の下部構造で、地下水脈の流れを分断しないよう配慮した。

¶:写真撮影 石黒守

*出典は環境親話2006 まちから建築へ 日建設計 2006年3月— FACT-NIKKEN SEKKEI こちら(PDF489KB)

(O-G-001)

関連コンテンツ

お問い合わせ

作品

  1. 都市アイコン ( 31 )
  2. コーポレートの顔づくり ( 96 )
  3. 集住体のこれから ( 33 )
  4. 旅のホスピタリティ ( 9 )
  5. シティのしつらえ ( 18 )
  6. エンターテインメントの現在形 ( 9 )
  7. カルチャーの殿堂 ( 22 )
    1. 生き生きとした本当の公共の場
       建物を見て
    2. リアルな世界を実感できる「知の宝庫」へ
       広州図書館
    3. 広州図書館建築に関する感想 クライアントに聞く
    4. SPOTLIGHT
       広州図書館
    5. 球状に浮かぶ世界最大のプラネタリウム
       名古屋市科学館
    6. ホキ美術館 
       新しい美術館のあり方
        クライアントに聞く
    7. ホキ美術館
       異なる文脈を縫合する、インテリジェントなチューブ 
        建物を見て
    8. 美しい緑に包まれる美の館
       ポーラ美術館
    9. まなびの館 ローズコム
       祝福させる公共建築(建物を見て)
    10. まなびの館 ローズコム
       公園と一体化した図書館(設計者は語る)
    11. 札幌市民ホール
    12. UnderConstruction展
       広州新図書館
    13. UnderConstruction展
       昭和学院 伊藤記念ホール
    14. 「COLLECTION 2009」展
       昭和学院伊藤記念ホール
    15. UnderConstruction展
       ホキ美術館
    16. 明治神宮外苑研修棟
       森に溶け込む化粧CBによる組積建築
    17. ホキ美術館
       30mキャンチレバーの回遊型ギャラリー
    18. 龍谷ミュージアム
       仏教の誕生から現代までを紹介する開かれた博物館
        Nikken Sekkei+NSD
    19. 山口市秋穂地域交流センター/山口市立秋穂図書館
       シンボルツリーを囲む大屋根の交流空間
    20. マザックアートプラザ
       サスティナブルな美の拠点の創出Nikken Sekkei+NSD
    21. Spotlight
       ホキ美術館
    22. ホキ美術館
       HOKI COLLECTIONとしての建築
  8. スクールの進行形 ( 70 )
  9. イノベーションの最先端 ( 12 )
  10. ショッピングの活力 ( 11 )
  11. コンベンションの地平線 ( 1 )
  12. テーマパークという様式 ( 1 )
  13. ノーマライゼーションの現在 ( 21 )
  14. スポーツの器 ( 0 )
  15. ハブとなるもの ( 4 )
  16. ジャンクション ( 13 )
  17. 祈りと癒しの空間 ( 7 )
  18. ロジスティクスを支えるもの ( 3 )
  19. プラントのいろいろ ( 4 )
  20. ジオ・フロントへの挑戦 ( 0 )
  21. ジャパネスクの作法 ( 3 )
  22. アーバンデザインの近未来 ( 14 )
  23. インテリア空間のあれこれ(インテリア) ( 18 )
  24. アンビルトの系譜 ( 27 )
  25. シビルデザインの最前線 ( 7 )
  26. ノンジャンル ( 4 )

環境

構造

マネジメント

都市

海外

フェイス

書籍・展示・etc

月別アーカイブ

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009

2008

  1. 2008年12月( 5 )
  2. 2008年11月( 4 )
  3. 2008年10月( 6 )
    1. 美しい緑に包まれる美の館
       ポーラ美術館
    2. 環境親話2006 日建設計
    3. 日建設計 環境親話建築の提言
    4. まちから建築へ
    5. 都心の緑をつなげていくアイガーデンエア
    6. ひとを重視した「みち」が「まち」を変える御堂筋再生プラン
  4. 2008年9月( 5 )