ニュース一覧 / ニュース・イベント

2016.09.08

現在、札幌では2026年の冬季オリンピック・パラリンピック招致活動が行われているほか、2030年の北海道新幹線札幌延伸にむけて、様々な準備が進められています。このような都市へのインパクトが非常に大きなイベントが控えているなか、これらの動きを都市再構築の好機としてとらえ、札幌都心部では市街地の再編整備を戦略的に行っていくための検討が着々と進められています。
これまで札幌の都心まちづくりを先導してきた小林英嗣氏にお越しいただき、札幌都心再構築に向けた戦略と進むべき方向についてご講演をしていただきます。



日 時  2016年10月7日(金)14:30~16:30             
会 場  札幌国際ビル「国際ホール」
     (札幌市中央区北4条西4丁目1番地 札幌国際ビル8階)
参加費 無料

タイトルに「北海道フォーラム」とご記入の上、お名前、所属、連絡先電話番号を、
以下のメールアドレス・またはファックスまでお送りください。
          toshikei@nikken.jp
           03-5259-0180

※ 先着30名に達し次第、申し込みを終了させていただきます。



講師プロフィール

小林英嗣(こばやし・ひでつぐ) 氏
(北海道大学名誉教授、同済大学客員教授、都市・地域共創研究所代表理事)
専門は、臨床都市計画学。日本建築学会理事、日本都市計画学会副会長、北海道都市計画審議会会長、同都市景観審議会会長を歴任し、現在は日本都市計画家協会会長。
札幌市の長期総合計画・都市計画マスタープラン・都心まちづくり計画の策定や各種事業計画などに長く携わり、都心まちづくりにおける骨格的構造づくり(日本都市計画学会計画設計賞/2014.5)や札幌駅南口広場・創成川通・札幌駅前通や北3条広場などのパブリックスペースネットワークの計画的形成と設計を統括(日本都市計画学会計画設計賞/2016.5、グッドデザイン賞2015等)。1998年からブラジル(クリチバ都市計画研究所)、コロンビア(国家企画庁)での環境都市開発・都市再生の指導(日本都市計画学会国際交流賞/2014.5)など国内外問わず幅広く活躍。

ファシリテーター

奥森清喜(おくもり・きよよし)
(日建設計執行役員 プロジェクト開発部門 都市開発グループ代表)