ニュース一覧 / ニュース・イベント

「都市のパブリックスペースデザインコンペ」結果発表

2017.05.17

3月12日、日建設計東京ビルにて、日建設計が主催する「都市のパブリックスペースデザインコンペ」の公開二次審査会を開催しました。審査員は、岸井隆行氏、西沢立衛氏、宮城俊作氏、吉見俊哉氏、当社社長 亀井忠夫の5名です。
国内外から集まった355点に及ぶ応募案から、一次審査で選ばれた10案による、プレゼンテーションと質疑応答、さらに公開審査を経て、最優秀賞1点、優秀賞3点、佳作6点が決定しました。

<主催者代表・亀井忠夫よりメッセージ>
このコンペは、分野を超えた幅広い視点から都市を考えて頂くきっかけとなることを期待し、国内外を問わず、建築系や都市系などさまざまな分野の学生に向け、開催しました。
一次審査を通過した案はいずれも新鮮な着眼点を持っていました。非常に建築的なものから、システムや法制度に関するものなど、パブリックスペースが示す対象の幅広さを感じられ、扱うスケールも様々でした。
最優秀賞「浮かび上がる小さな街かど」は、昔の水路の名残りによる三角形状の土地への着目からアーバンデザインに展開していこうとする姿勢に共感しました。
このコンペが、建築~都市をシームレスに考える刺激になればと思います。

最優秀賞:“浮かび上がる小さな街かど” 
大村公亮 出田麻子 上田彬央(信州大学大学院)

<その他受賞>
優秀賞:“街を記憶する丘” 渡邉匠(大阪市立大学大学院)
優秀賞:“Phantom Surface” Phantom Surface James Charles Mak Jongwon Na(AAスクール)
優秀賞:“The Ephemeral Line” Mohammad Ali Eimar(東京工業大学大学院)
佳作 :“Urban Sound Orchestra” 
    浅井淳平(カリフォルニア大学バークレー校)│下田益央 藤原禎生(東京工業大学大学院)│竹田瑛里(早稲田大学大学院)
佳作 :“記憶の遺場所” 永冨快 上田紗矢香 山本雄太郎(日本大学)
佳作 :“Tomorrow” Ziying Shan Hanyue Lu Xinru Li Kun Dai(瀋陽建築大学)
佳作 :“建て替えによる,全面接道都市” 志萱侑太(日本大学大学院)│金井亮祐(日本大学)
佳作 :“踏切天国” 近藤弘起 黒田京佑(東京理科大学)
佳作 :“植物が建築の構成要素となるとき” 石塚迅(芝浦工業大学大学院)

<審査会の様子>

当コンペの詳細は、下記ウェブサイトをご参照ください。
審査員によるテーマ対談や、審査講評も掲載しております。
www.japan-architect.co.jp/public/