ニュース一覧 / ニュース・イベント

2018.05.24

定員に達しましたので、お申込みを締め切りました。
ミニシンポジウム
「世界中から人を惹きつける国際アート・カルチャー都市 の
メインステージ 池袋」の実現に向けて


パネリスト:千葉 学氏(東京大学大学院教授、千葉学建築計画事務所)
      羽藤 英二氏(東京大学大学院教授)
      宿本 尚吾氏(豊島区副区長)
司会・進行 :奥森 清喜(日建設計 執行役員 プロジェクト開発部門副統括) 



2年連続して待機児童ゼロを達成し、子育てしやすい街の認知度が高まる豊島区。京都、金沢に続き、日本・中国・韓国3カ国で文化芸術イベントを行う「2019年東アジア文化都市」の国内候補都市にも選定され、今後、東京オリンピック・パラリンピックもにらみ、公民さまざまな主体の連携による取り組みが加速化していくと期待されています。中でも、池袋駅周辺については、今年5月にまちづくりの羅針盤となる「基盤整備方針」がまとまり、「国際アート・カルチャー都市」の実現に向け、目標年次である2035年までのロードマップが示されました。
庁舎跡地開発「Hareza(ハレザ)池袋」、アート・カルチャー・ハブの核となる4つの公園整備や新たな移動システム(低速電動バス)導入など、完成間近のプロジェクトから中長期的目標まで、様々なチャレンジを続ける豊島区の施策と池袋のまちづくりについて、3人のパネリストに対談いただきます。


日 時  2018年6月6日(水)15:00~17:00 
     基調講演「池袋駅周辺地域のまちづくり(仮)」(宿本副区⻑)
     パネルディスカッション「池袋駅周辺地域のこれから(仮)」
            
会 場  NSRIホール(東京都千代田区飯田橋2-7-5明治安田生命飯田橋ビル2階)
定員  100名
参加費 無料

タイトルに「ミニシンポジウム」とご記入の上、お名前、所属、連絡先電話番号を、
以下のメールアドレス・またはファックスまでお送りください。
          webmaster@nikken.jp
           03-5226-3044




パネリスト紹介

千葉 学(ちば・まなぶ)氏
東京大学大学院工学系研究科建築学専攻 教授、株式会社千葉学建築計画事務所

昭和62年 東京大学大学院工学系研究科建築学専攻修士課程修了。日本設計を経て、
平成5年 ファクターエヌアソシエイツ共同主宰
東京大学工学部建築学科キャンパス計画室助手
平成10年 東京大学工学部建築学科安藤研究室助手
平成13年 千葉学建築計画事務所設立、東京大学大学院工学系研究科准教授
平成21年 スイス連邦工科大学客員教授
平成25年 9月より東京大学大学院工学系研究科教授(現職)
              平成28年 東京大学副学長
              平成29年 ハーバード大学GSDデザインクリティーク

羽藤 英二(はとう・えいじ)氏
東京大学大学院 工学系研究科 社会基盤学専攻 教授

平成4年 広島大学大学院修士課程修了、日産自動車総合研究所を経て、
平成10年 京都大学 博士号取得、愛媛大学助教授、MIT客員研究員、
リーズ大学客員研究員、カリフォルニア大学サンタバーバラ校客員教授、
ネパール工科大学客員教授を経て、
平成18年 東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻准教授
平成24年 9月より現職

宿本 尚吾(やどもと・しょうご)氏
豊島区副区長

平成5年 建設省入省、住宅局、都市局、さいたま市役所(都市整備部長)等を経て、
平成22年4月 国土交通省住宅局住宅生産課住宅ストック活用・リフォーム推進官
平成24年9月 国土交通省住宅局住宅総合整備課企画専門官
平成26年7月 (独)日本スポーツ振興センター新国立競技場設置本部企画調整役
平成28年4月より現職