WORKカテゴリビジュアル

HIGHLIGHTS

02

学校法人 城西大学:東京紀尾井町キャンパス 3号棟

学生にも、地域にも、“居心地の良い場所”であること。

設計部門 渡辺 由紀

「シンプルに言うと“居心地の良い場所”を創りたかった、ということです。」と、設計担当者の渡辺は振り返る。城西大学の東京紀尾井町キャンパス3号棟プロジェクト(東京都千代田区)。それは学生にだけではなく、みんなにとって“居心地の良い場所”の探求だった。

めざしたのは『居心地の良さ』

建築設計の分野では、“女性的な視点”というものは住宅や福祉施設のような建物に多く取り入れられてきました。しかし最近では一般建築においても、女性ならではのきめ細やかな配慮や、生活者の視点が求められるようになってきています。

本プロジェクトは、当社としては女性比率の高いチーム編成で進行しました。女子学生が多いキャンパスであることもあり、私たちのチームでまず共有したことは、クライアントからも望まれていたとおり学生にも保護者の方にも安心して楽しんでいただける空間の大学であることを感じていただけるようにしようということでした。建築専門家に高く評価される空間である先鋭性よりも、利用する一般の方々にわかりやすく『居心地の良さ』を感じていただくことを優先しました。

細かなところにこそチームの特長を

新しいキャンパスを利用する学生たちには、教室間をただ行き来するだけではなくキャンパスで少しでも長い時間を過ごして欲しい、キャンパスに愛着を感じて欲しい、キャンパスを利用して学生らしい経験を積み重ねてほしいと思いました。そのため、建物全体に優しさ、親しみやすさ、柔らかさ、楽しさ、そして少しの可愛らしさを盛り込みました。

廊下沿いの柱と柱の間の教授や友達と座って話せるスペース、ハート型の葉が目線の高さで見られる出入りの自由なテラス、イベントをしたりみんなで腰掛けることのできる大階段など。さらには、安心感のある角の丸い柱や、親しみやすさと可愛らしさを取り入れたサイン表示、柔らかな雰囲気をつくる木漏れ日の射す採光などの工夫を重ねました。

こうしたちょっとしたところ、細やかなところが気になるのは、女性チームならではの感覚のように感じます。

『居心地の良さ』は、周辺のみなさまにも

『居心地の良さ』を追求していくうちに、改めて気付いたことがあります。それは、利用者としての目線と同時に、周囲にお住まいのみなさまから見ても『居心地の良い』ものでなくてはならないということです。周辺にお住まいの方との視線避けにもなるように、ガラスチューブを利用した壁をつくり威圧感を排除しています。

このプロジェクトは“あ・うんの呼吸”で進む瞬間がいくつもありました。女性中心のチームであったことも幸いしたのか、語らずともアイデアやイメージを共有できたシーンが多かったように感じています。

[写真:雁光舎(野田東徳)]