WORKカテゴリビジュアル

HIGHLIGHTS

03

シンガポール「レールコリドー国際設計コンペティション」マスタープラン部門優勝|LINES OF LIFE

パブリックスペースの理想を求めて。

ランドスケープ設計部 鈴木卓、 公共領域デザイン部 金香昌治、 都市デザイン部 岡田惇史(元社員)

「これはドリームプロジェクトです」とレールコリドー国際コンペティションにおいて、チームメンバーの3人はいう。シンガポールを南北に縦断する全長約24km の旧マレー鉄道跡地、通称「レールコリドー」を再生させる国際コンペ。主催者であるシンガポール都市開発局(URA)の要望は、“非凡で感性を刺激するパブリックスペースとしての再生”だ。“何をつくるのか”は決められていない。だからこそこのコンペは、日建設計にとって、理想のパブリックスペースを提案できるチャンスになる。
建築、都市、ランドスケープなど、多彩な分野のチームメンバーがそれぞれの専門領域を超えて一体となって挑んだレールコリドーコンペ。マスタープラン部門で優勝を果たした「LINES OF LIFE」とは、どのような提案だったのだろうか。

人々の暮らしに、深く根ざして

私たちは、まず、現地へ飛び、鉄道跡地を歩きながらチームで議論をしました。その中で、シンガポールは多民族国家であり、敷地周辺には多様なコミュニティが存在していること、そして豊かな自然があることを肌で実感しました。鉄道跡地は、毎朝の散歩道として、職場へ向かう道として、芸術家の発表の場として、すでに周辺の人々に愛されています。私たちは、レールコリドーを、ここに住む多様な人々の受け皿となるよう、きめ細やかにつくっていく必要があることを強く感じました。

視点を変えて見えてきたもの

まず、国土を東西に分断する要素であった鉄道を、コミュニティを結ぶ “ステッチ(縫い目)”として再生しようと考えました。
次に、鉄道跡地を線状に延びる軸と見るのではなく、周辺の一つ一つのコミュニティの “前庭”が横につながった空間と捉えることにしました。そうすることにより、文化や歴史的遺産や自然など、それぞれのコミュニティや場所がもっている文脈を、レールコリドーへ滲ませることができ、新しく生まれるパブリックスペースと周辺コミュニティがつながると考えたからです。
私たちの提案したマスタープランの本質は、国やデベロッパーや周辺の人々がレールコリドーをともに育てていくためのビジョンです。人々に利用可能な空間をただ提供するだけでなく、人々が一緒に創っていく当事者となることで、この場所がその一人一人にとって価値のあるパブリックスペースとなっていくのではないかと考えています。

パブリックスペースは、誰のもの?

日本では、パブリックスペースには“みんなの場所=誰のものでもない”というイメージがあります。しかし、理想的なパブリックスペースとは、個人の日常や感情を素直に出すことができ、利用者全員が、“自分のためにある場所”と感じることのできるスペースなのではないでしょうか。
そんな場所にレールコリドーが育つこと、そしていつか日本にも同じような考えのパブリックスペースができることが、私たちチームの願いです。