衆議院・参議院議員会館

写真家:新写真工房(堀内広治)

建築概要

建築主 衆議院:衆議院・国土交通省・HOR会館PFI株式会社
参議院:参議院・国土交通省・HOC議員会館PFI株式会社
所在地 衆議院:東京都千代田区永田町2-1-2、2-2-1
参議院:東京都千代田区永田町2-1-1
敷地面積 衆議院第一議員会館 26,407.83m2
衆議院第二議員会館 18,897.20m2
参議院議員会館 28,337.70m2
建築面積 衆議院第一議員会館 12,241.36m2
衆議院第二議員会館 6,366.06m2
参議院議員会館 9,536.09m2
延べ面積 衆議院第一議員会館 112,239.07m2
衆議院第二議員会館 90,705.96m2
参議院議員会館 95,894.85m2
構造 鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造および鉄筋コンクリート造
階数 衆議院第一議員会館 地下3階、地上14階
衆議院第二議員会館 地下2階、地上14階
参議院議員会館 地下3階、地上14階
高さ 59.50m(国会側地盤面(TP+28.25m)から)
工期 衆議院第一・第二議員会館 2008年3月〜2012年12月
参議院議員会館 2008年4月〜2012年12月
備考 デザインアーキテクト:日建設計
景観アドバイザー:岡田新一
基本/実施設計:(衆議院第一・第二議員会館)三菱地所設計・久米設計設計監理共同企業体、(参議院議員会館)日本設計・NTTファシリティーズ設計共同企業体

建築説明

PFI事業による議員会館建替え計画。当社はデザインアーキテクトとして基本計画作成業務、テクニカルアドバイザリー業務(要求水準書作成・業績監視支援(設計・監理・建設))を担当。敷地は霞が関の国家三権の施設が集中している地区に位置し、国会議事堂を中心とする「三権の丘」としてとらえ、首都東京の顔として、総合的な都市景観をつくることを目指した。国会議事堂中央塔の中心軸に合わせて、衆議院議員会館2棟・参議院議員会館1棟の3棟が同じ高さでシンメトリーとなるように配置し、国会議事堂の高さ(約65m)を超えない計画とした。東側のモールなどの潤いある外部空間を含め「開かれた国会」が感じられる設えに配慮するとともに、日本そしてものづくり文化を感じられる外装及び修景とし、国家施設としてのグレード感、永続性を目指した。また議員事務室は旧議員会館に比べ、約2.5倍に拡がり、議員の執務やミーティングに支障のない個室オフィス型のワークプレイスを確保した。
お問い合わせ