広州新図書館

写真家:上海渡影文化伝播

建築概要

建築主 廣州市文化廣電新聞出版局
敷地面積 21,067.39m2
建築面積 8,005.00m2
延べ面積 98,008.50m2
構造 鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造および鉄骨造
階数 地下2階、地上10階、塔屋1階
高さ GL+50.00m
駐車台数 364台
工期 2006年2月〜2012年10月
備考 共同設計:広州市設計院との設計連合体

建築説明

広広州図書館は、350万冊を開架閲覧するという、世界でも例の少ない大型市民図書館である。市民に対して「開かれた」構成とすると共に、「生活の一部として楽しく利用できる」やわらかく動的なイメージのデザインとした。内部動線もシースルーエレベータやエスカレータを中心とした開放的で利用者にわかりやすいシステムとしている。
外観は、本を積み重ねたイメージの乱石積み調の外壁と採光のための大きなガラススリットで構成されている。内部には、建物全階に及ぶ巨大な吹き抜けを設け、視覚的な一体感を演出すると共に「350万冊の本が集積されていること」を肌で感じ取れる工夫をした。「情報」をめぐる環境が激変する中、この図書館は、バーチャルではないリアルな世界を実感できる知の宝庫となることを目指している。

受賞

お問い合わせ