陸家嘴世紀金融広場

写真家:渡影傅播(胡文傑)

建築概要

建築主 上海陸家嘴金融貿易区開発股份有限公司
所在地 中国上海市浦東新区
敷地面積 53,400m2
建築面積 15,259m2
延べ面積 447,457m2( 地上320,283m2、地下127,174m2)
構造 鉄筋コンクリート造および鉄骨鉄筋コンクリート造
階数 TD4-1:地下3階、地上41階、塔屋2階
TD4-2・TD4-3:地下3階、地上23階、塔屋2階
TD4-4・TD4-7:地下3階、地上17階、塔屋2階
TD4-5:地下3階、地上5階
高さ GL+190.00m
駐車台数 1,710台
工期 2008年11月〜2014年6月

建築説明

上海のシンボルタワーと超高層ビル群で有名な陸家嘴から南東へ4kmの好立地にある大型のオフィス街区開発。高さ190 mの超高層を含む5 棟のオフィスビルと1 棟の商業ビル、全6 棟を一体化する地下駐車場、ペデストリアンデッキ、ランドスケープからなる街区一体型の総合開発。施主は陸家嘴地区の中心開発デベロッパーであり、この開発が陸家嘴ブランドの地域拡張となることを目指した。テナントは金融企業を想定し、外装は全棟共通で重厚感のある2 層1 ユニットのカーテンウォールを採用し、群造形により堅実なイメージのランドマークを形成した。回遊性を持たせたペデストリアンデッキが2 階レベルで全棟を繋ぎ、デッキに囲まれた共用の中庭や緑豊かなランドスケープは大型の街区開発ならではの付加価値を与えた。

受賞

お問い合わせ