日建ソリューション

ソファが直接体を冷やすから、座って2分で快適に
~浜松信用金庫駅南支店の「クール/ウォームソファ」~

浜松信用金庫駅南支店ロビー

信用金庫での待ち時間は約10分と言われています。これまでの一般的な空調では、屋外から入ってきて快適と感じるまでには10分以上かかってしまい、来客者にとって快適な環境とは言い難いものでした。ここでは、こうした状況を解決するアイディアとして、浜松信用金庫駅南支店のために新規開発したロビー用の空調機能組込み家具「クール/ウォームソファ」についてご紹介します。

浜松信用金庫駅南支店

直接人体を空調できるソファ

クール/ウォームソファは座面・背面から空調空気が均等に染み出すことで来客者を直接加熱・冷却するソファです。これまでは空調吹き出し口が家具自体に付属されていたものは存在しましたが、人の体が接する座面・背面から空調空気が染み出すものは例がありませんでした。
この空調システムは、空間全体を空調するのではなく、直接人体を空調することで、入店着座後に即座に快適感を感じてもらうことができるシステムとして考案されました。

空調空気染み出しイメージ

温冷感の変化

来客者の好みに応じて調節できる「快適スイッチ」

信用金庫のような小規模商業施設では様々な人が来店するため、当然のことながら、異なる温熱生理・心理状態の人が同じ空間に存在することになります。各ソファごとに、「快適スイッチ」と呼ばれる風量調整ダイヤルがついており、その人その人に合わせた環境を個別につくりだすことができるのもこのシステムの特徴です

快適スイッチ

半径50㎝の究極の局所空調で省エネルギーを実現

夏期には室内温度をクールビズ設定(28℃)とし、ソファ周りを局所的に空調することができます。
その結果、空間全体を空調するのではなく、人体の周囲を局所的に空調するため、少ないエネルギーで快適な空間を実現することができます。

冷房可視化実験

「座って2分で快適」を実験で実証

竣工後に夏期被験者実験を行い、クール/ウォームソファの効果の実証を行いました。
通常の空調では、入店後快適と感じるのに20分以上かかるのに対して、クール/ウォームソファは2分ですぐに快適と感じることが確認できました。特に夏場に汗をかきやすい背中や大腿部を効果的に冷却することで「座って2分で快適」を実現しています。
今後も引き続き、省エネルギー効果の検証を行うとともに、暖房時の快適性評価の検証等を実施していく予定です。

被験者アンケートによる快適性評価

部位別冷却効果