東京地下鉄 銀座線/ デザインマネジメント

東京地下鉄 銀座線/ デザインマネジメント

Mar 22 / 2016

Client
東京地下鉄株式会社
Tags
Branding,Design Management,Space Design,Communication Design,Product Design,Public Space

移動のための地下鉄から、豊かな旅を経験できる地下鉄へ。
東洋初の地下鉄として東京を代表するまちをつないできた銀座線のリニューアル。ユーザー経験のデザインをベースに、銀座線リニューアルに関するデザインマネジメントをおこなっています。







1927年の銀座線オープンから時代は大きく変わり、社会環境やライフスタイルの変化が進む中、公共交通に求められる価値も変わってきているのではないでしょうか?
銀座線のリニューアルを考えるにあたり、まずは地下鉄そのものの存在価値を問うことからスタートしました。
銀座線に関わる様々な方々と実施したフィールドワークやインタビューを通じて得られた気づきをもとに、銀座線における望ましい経験の検討を行いました。 ここでは、地下鉄を単に移動のためだけではなく、まちの一部(=新しいパブリックな場)として考えてゆくことが望ましいと考えました。
「伝統と先端の融合」という最上位概念のもと、銀座線の伝統をベースに如何に未来に向かって新しい地下鉄をつくってゆけるか? 私たちは「旅」における一連のユーザーの経験に着目しながら、「ならでは」の豊かな経験を生み出してゆくことで、銀座線におけるラインアイデンティティを醸成していくことを目指しています。
「地上にもっとも近い地下鉄」という銀座線のラインアイデンティティの形成を目指し、モノ(空間・環境)やコト(サービス)、それらを生み出す仕組みを一体的に捉え、ユーザーの旅の経験をデザインしてゆきます

東京メトロ銀座線デザインマネジメント_img02
東京メトロ銀座線デザインマネジメント_img03
Branding,Design Management,Space Design,Communication Design,Product Design,Public Space