人材育成ポリシー

人を育てる日建設計

日建設計には建築家・デザイナー・エンジニア・プランナー・コンサルタント等が数多く在籍し、それぞれの専門分野のプロフェッショナルとして誇りをもって日々活動しています。第一級の専門家であり続けるには一人ひとりが日々研鑽、努力することが不可欠ですが、同時に人の成長には周りの支援、理解も欠かせません。当社では「人」・「仕事」・「研修」という3つの観点で人材育成をとらえ、職員一人ひとりがお互いの成長をサポートしあえる仕組みを構築しています。

「人」によって育つ

もっとも根源的な人材育成として、組織に属する先輩、上司、同僚、後輩との切磋琢磨、コミュニケーションを通じて、教えられ、気づかされ、また精神的な支えを受けて育ちます。人的つながりの拡大を目的としてジョブローテーションを積極的に行います。

「仕事」によって育つ

普段の仕事において、自らの現在のスキルより高いレベルの仕事や関係する領域の仕事にチャレンジし、これを乗り越えることで育ちます。また、実際の業務で接するクライアント等との関わりを持つことで育ちます。 キャリア形成チャンスの増大を目的としてジョブローテーションを積極的に行います。 

「研修」によって育つ

役職や入社年次によって実施する全社研修、部門ごとに開催される様々な専門技術研修は約170講座を超え、それぞれのレベルに応じた専門知識、ノウハウをタイムリーかつ効率的に習得することによって育ちます。 また、他部門の研修を受講することも可能で、より多角的な視野を持つスペシャリストの育成支援にもつながっています。

教育研修体系図図は横スクロールしてご覧ください。

日建設計ではOJTに加えて
階層別研修や選択制挙手型研修、社内講師によるもの外部講師によるものなど
様々な角度からOFF-JTとしての研修を実施し、人財育成に力を入れています。