分野と職種

設備設計(機械・電気)

日建設計の設備設計
(機械・電気)とは

電気設備や空調設備など建築・都市における循環系のものづくりを創業当初から担っているエンジニア組織。アーキテクト、プランナーと価値観を共有しながら、様々な建築環境の快適性・省エネルギー性能を高める役割を果たして、これまでに多くの実績を残してきました。国内はもとより国際的な環境建築の賞を多数受賞するなどトップランナーを自負しています。 「エンジニアリング至上主義に走らず、流行のデザインに流されることなく、使い手にとって快適な環境を最も効率よく提供する」というコンセプトをDNAとしています。カーボンニュートラルやデジタルデザインへのチャレンジとともに、建築・都市における人々の快適な生活環境をデザインするエンジニアとして、日々様々な挑戦に取り組んでいます。

人を通して知る設備設計(機械・電気)

執行役員 エンジニアリング部門 設備設計グル-プ プリンシパル

水出 喜太郎

培われてきた思想と技術力が、快適な環境を生みだします。

変わらぬ思想を背景に、課題を機会に

日建設計は、1900年の創業当初から設備および構造をはじめとするエンジニアをインハウスに持ち、意匠デザイナー、都市プランナーとのコラボレーションを深化させてきました。建築・都市とともにあるエンジニアリングを大切にする思想のもと、設備設計グループは、オフィスやホテル、学校、空港、研究施設など多岐にわたる建築空間はもとより、大規模開発やパブリックスペースといった都市空間へと環境デザインの活動フィールドを拡げ、国内外から高い評価を得てきました。21世紀を生きる私たちは、気候変動や少子高齢化、それにともなう脱炭素や働き方の効率化、そしてAIやIoTを取り入れて高度に合理化したデジタル社会へのトランスフォーメーションの流れの中に身を置いています。このような急速な変化と不確実性の時代にあって大切なのは、課題を機会と見極め、先端技術を取り入れ挑んでいく姿勢であると考えます。

設備設計者よ、イノベーティブであれ!

「CSV(Creating Shared Value)共有価値の創造」という言葉があります。これは、企業が組織としての強みを活かして社会課題に取り組むことで、誰もが共有できる価値を創造し、同時に経済的にも発展するという考え方を表しています。日建設計ではDiscover Peaks Competitionという、新たValueを生むための取組みを行っています。設計部門、都市部門、エンジニアリング部門が切磋琢磨し、ときに協働して、「峰(Peaks)」という名のイノベーションに挑んでいます。多くの提案の中から新ビジネスにつながる峰が生まれます。設備設計グループからは、“COOL TREE”が提案され実現しました。日本の夏の酷暑に“美しい”木陰を、“クール”なデバイスとともに“ゼロエナジー”で提供するというものです。その他にも、コロナ下での換気効率を高めるための”かけ流し換気空調”や、太陽光・雨水で自立するソーラーカーポート、オフィスで自然を感じるバイオフィリックデザインなど、意匠・構造・設備のインテグレートによる日建設計ならではの提案が生まれ続けています。イノベーティブであることが本業の建築環境デザインの力を磨き、さらなる発展につながるものと信じます。私たちが掲げてきた変わらぬ思想が、いま、最新の潮流として社会課題の解決に光を与えています。快適・スマート・サステナブルな未来の建築・都市環境づくりに、ぜひ一緒に取り組みましょう。