分野と職種

マネジメント・
コンサルティング

日建設計の
マネジメント・コンサルティングとは

ステークホルダーが多い外資系ホテルや病院等の建設、専⾨的な許認可取得が必要な⼤規模開発のプロジェクトなどをクライアントに代わって進行するマネジメント業務や⼟地建物資産の現状把握と問題点を洗出し、資産の有効化などを実施するコンサルティング、建物の価値を最大限にまで引き上げるライフサイクルデザインなど総合的なソリューションを提供しています。

人を通して知るマネジメント・コンサルティング

執行役員 新領域開拓部門 ソリューショングループ プリンシパル

中谷 憲一郎

建築と不動産をつなぐ、
ブリッジパーソンを目指そう。

新しく幅広い領域への挑戦

ソリューショングループでは、プロジェクトマネジメント、CRE(Corporate Real Estate)、 LCD(Life Cycle Design)など、実に幅広い領域を担当しています。プロジェクトマネジメントは、その名のとおり、建設プロジェクトの進行に際してクライアントに代わりマネジメントする、あるいはクライアントのマネジメントの支援をする仕事です。通常の「建築主⇔設計者⇔施工者」の関係では遂行が難しい、関係者が膨大で複雑なプロジェクト、あるいは国内有数の巨大プロジェクト、プロジェクト経験の浅いクライアントの案件を主に担当しています。CREは、企業や団体が保有する不動産の今後の戦略立案をお手伝いする仕事であり、建物の調査やユーザー調査・市場調査などをもとに企業の経営戦略に沿った不動産活用を提案します。LCDは、老朽化した不動産に対する幅広いコンサルティングを担当するセクションであり、技術的・経済的なアプローチから保有不動産の価値の維持・増進を図ります。―というと、それぞれに独立した仕事のように思われるかもしれません。しかし建築設計の周縁領域において、新しいビジネスに挑戦していくという点で、またテクニカルベースの思考ではなくソリューション思考のアプローチをしていくという点で、そして、建築設計という専門領域に固執せず不動産の投資や運用者の視点にも立ちながら相互のブリッジパーソンを目指すという点で、方向性は共通しています。

プロフェッショナルなコンサルタント・マネジャーに

担当する専門領域は様々あり、それぞれに高い専門性が求められます。いずれの仕事も、クライアントの要望を踏まえながらソリューションを提供するコンサルタント・マネジャーというポジションでの仕事です。大切なのは、相手の求めることを感じ取るシンパシーや提案を明確に伝えるコミュニケーション力です。また、より深い相手の理解を図るためには、不動産や産業全般への幅広い知識も不可欠です。それらを踏まえ、なおかつ自らの専門性に拘らず柔軟な発想をもって提案を立案したり、論理的に組み立てたりできる洞察力および思考力も重要となります。このように並べ立てると、ハードルの高い仕事に思われるかもしれませんが、よりよい社会資本を構築していこうという熱意と幅広い領域へのチャレンジ精神を持っていれば、おのずとプロフェッショナルへの道は拓かれます。ともに、挑戦する意欲のある人材を求めています。