分野と職種

コストマネジメント

日建設計のコストマネジメントとは

環境、社会、ガバナンスに配慮しながら不動産価値を最大化することが日建設計のコストマネジメントの役割です。それを実現するためには設計プロセスを適切にマネジメントすることが最も大切になります。 独自開発したコストシミュレーションツールを活用したコストマネジメントプロセスにより「価値分析→コストモデリング→クライアント意思決定」を俊敏に繰返すことにより、クライアントの意思決定を支援し、設計プロセスを適切にマネジメントします。

人を通して知るコストマネジメント

執行役員 エンジニアリング部門
コストマネジメントグループ
プリンシパル

島田 太郎

コストマネジメントを通して
プロジェクトをデザインしよう。

クライアント最大の関心事に応える

都市計画から建物の小規模な改修工事に至るまで、日建設計はさまざまな種類や規模のプロジェクトに携わっています。そして、そのほとんどのプロジェクトにおいて、クライアントが最も気にされることのひとつが、コストです。どれほど素敵な空間をデザインしても、どれほど最先端技術の粋を集めたエンジニアリング提案をしようとも、クライアントのご予算に合わない計画は実現しません。プロジェクト成功の鍵はコストマネジメントの巧拙にある、といっても過言ではありません。

コストマネジャーの仕事

私たちコストマネジメントグループは、プロジェクトが具体化する以前から完成引き渡し後まで、コストに関連するさまざまな領域を担当しています。プロジェクト初動期には、クライアントの事業目的に加えて建設市況の今後の変動予測を踏まえ、事業予算の策定を支援します。と同時に、プロジェクト特性に応じたコストマネジメント方針を立案します。このコストマネジメント方針が、設計方針や全体スケジュールを規定することもあります。設計段階では、敷地条件や設計与件を設計者と共に読み解き、ときには設計図には未だ表現されていない仕様を想定しながらコストモデルを組み立て、クライアントの要望や設計者の提案とコストのバランスを調整します。工事発注段階では、見積依頼先の提案や見積書の妥当性を検証、価格交渉支援などを行い、クライアントの工事請負契約締結を支援します。工事段階では、設計変更などに伴う工事費の変動を設計監理者と連携してマネジメントし、円滑な現場運営をサポートします。このように、コストをマネジメントすることを通じてプロジェクト全体をデザインし、プロジェクトをよりよいゴールに導くことが私たちコストマネジャーの仕事です。

コストマネジメントでプロジェクトをデザインしよう

日建設計のコストマネジャーには、設計や建設のみならず、社会や経済の動きに関する深い知識や幅広い経験が求められます。また、クライアントと設計者や施工者の間を、コストを介して繋ぐ役割でもあるため、高いコミュニケーション力や忍耐力、交渉力、分析力、先を見通す力も必要です。コストマネジメントへの関心と自ら成長しようとする意思があれば、他では経験できない刺激的なプロジェクトや、範となる多様な分野の専門家、充実した教育研修制度、分野を超えてつながるジョブローテーションなど、成長を支えるフィールドは揃っています。コストマネジメントを通じたプロジェクトデザインに、ともに取り組み成長しましょう。